学校の教師に採用されるためには

教師として教壇に立つためには教員免許を取得して採用試験に合格することが一般的です。期限付き任用など臨時で採用される場合には各都道府県の教育委員会に代替教諭の任用を希望し、登録しておくことで声がかかる場合もあります。正式に任用された場合については、6年から8年程度のスパンで勤務先の学校を変えつつ勤務することになります。昇任の道としては教育委員会の指導主事となるケース、管理職として教頭から校長へと進むケースなどがありますが、学校現場を最重要視してあえて昇任の道を選ばない教師も多いものです。給与水準は年功序列ですので、若い教頭や校長と比較すると年齢の高い一般教諭の方が高い給与を得ている例もあります。

教師の仕事は授業だけではない

学校の教師は、授業以外にどのような仕事をしているのでしょうか。先生の種類は、校長を筆頭に、副校長、教頭、主幹教諭、主任教諭、一般教諭、養護教諭とさまざまですが、一般的に担任の先生になるのは「教諭」と呼ばれる教師です。教諭は毎日の授業以外に、授業に関する指導の研究や生徒指導、校務分掌関係、学校行事の準備など多くの業務があります。部活動の指導やPTA関連の業務に携わることもあります。業務量は担当学年や分掌、部活動有無によって大きく異なり、業務量が少なくほとんど毎日定時で帰る先生もいれば、毎日遅くまで残って仕事をしている先生もいます。

学校教師についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 学校教師として教壇に立つ All rights reserved