学校の教師はやりがいのある仕事

学校の教師は営利企業の従業員とは違い、結果が数値となって現れにくい仕事です。しかし自分の授業によって児童生徒を惹きつけたり、信頼関係を築いて絆を深めたりといった、目に見えない部分が大きな部分を占めるために大きなやりがいのある仕事であるとも言えます。学校で形通りの授業をするだけ、形通りの指導を行うだけと思われがちな教師の仕事ですが、実はその裏で大きな努力と毎日の実践の積み上げによって、目に見えない成果を創り出すという特殊性もあるのです。成果が直接収入増加には繋がりませんが、一般の公務員よりも給与水準が高く設定され福利厚生も充実しているため、安心して働けるという観点でもおすすめできる仕事です。

教師の採用試験に合格するために

学校もののドラマなどを見て教師に憧れる人も多いものです。大学で単位を取得して教員免許を所持していることが大前提ですが、実際に教壇に立つためには採用試験という狭き門に通過しなければなりません。地方自治体によって差があるものの、特に採用人数の少ない専門教科ともなると倍率が10倍をも上回るほどとなり、しっかりとした対策が必要です。しかし採用後は、地方教育公務員という身分を得るために給与水準や福利厚生が圧倒的に充実しており、安定した生活が約束されます。また、採用試験にまだ合格していない場合でも臨時採用として期限付きで採用され、実際に学校で勤務している人もいます。経験を積みあげ、翌年以降の採用試験に通過するというケースが多いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校教師として教壇に立つ All rights reserved