学校の教師の服装について

校種によって教師の服装は大きく違ってきます。小学校であれば比較的カジュアルな、一般的に着用されている普段着に近い格好をしている教師が多く見られますが、中学や高校では生徒指導の観点からも自身で見本を示す必要性がある以上、ジャケットやスーツなど堅めの服装をしている場合が多いです。また体育の専科や部活動の指導時には動きやすいジャージを着用している例も見られます。教頭、副校長、校長などの管理職にあっては、常にスーツ姿で勤務している場合がほとんどです。これは学校を代表する職種であるという特殊性によるものです。

教師の指導を通じた生徒との関係

教師によって指導法というものはそれぞれ違いがあるのが普通です。自分なりに最善の形を見つけるまでは、試行錯誤が続くかもしれません。しかしそこが教師が学校で勤務するやりがいにもなります。クラスという集団を相手にしながらも、同時にひとりひとりの生徒の様子を把握できるだけの観察眼を持つことが必要です。そのやり方についてもそれぞれの先生で違っています。学校において生徒たちとの交流を通じてその目を養い、クラスをまとめ上げていく力が試されます。良いクラスとして生徒ともに仕上げていくことが教職として働く上での目標ともいえます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校教師として教壇に立つ All rights reserved